近年、AIツールの発達が世界各国で注目されています。そのような中、Microsoftから新しいAIツールがリリースされた【Microsoft 365 Copilot】をご存知でしょうか。Microsoft 365 Copilotは多くのビジネスパーソンにとって便利なツールになると考えられます。

そこで今回は、Microsoft 365 Copilotを使用するメリットやできることなどについて詳しく解説します。記事の後半では便利なAIツールも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目次
  1. Microsoft 365 Copilotとは?
  2. パワポ作成におけるCopilotの活用法
  3. AIからスライドを作成するならPresentoryがおすすめ
  4. Microsoft 365 Copilotに関する質問

1、Microsoft 365 Copilotとは?

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)とは、Teams、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどのアプリケーションに組み込めるAIツールの一つです。ユーザーの入力したテキストや画像に基づいて、関連する内容やデザインの提案をしてくれます。そのため、高品質なコンテンツを短時間で作成できることが期待できるでしょう。

ただし現在はWindows11の無償アップデートとともにリリースされているため、利用できるユーザーは限定されます。現在は法人版のみのリリースのため、個人で使用したい方は続報を待ちましょう。

1.2Microsoft 365 Copilotのメリット

Microsoft 365 Copilotを利用するメリットは使用用途によって異なりますが、一般的には下記の通りです。

  • 社内リソースの削減
  • 生産性の向上
  • マーケティング施策の向上

順番に見ていきましょう。

メリット①社内リソースの削減

Microsoft 365 CopilotはさまざまなOfficeアプリに組み込まれます。そのため、これまでのコンテンツ作成の時間を大幅に削減できるでしょう。Microsoft 365 Copilotはチャット形式で必要な情報をリサーチできるので、マーケティングリソースの削減が期待できます。タスク管理などにも対応しているので、多くのクリエイティブを効率化できるでしょう。

メリット②生産性の向上

高性能AIであるMicrosoft 365 Copilotは、あらゆるコンテンツの生産性を向上させることが可能です。具体的にはExcelにまとめているデータの分析や、PowerPointの資料作成などが挙げられます。関数の計算や資料のレイアウトなどはMicrosoft 365 Copilotが提案してくれるので、作業をする人はクリエイティブに専念できることが期待できるでしょう。

メリット③マーケティング施策の向上

Microsoft 365 Copilotはチャット形式で質の高い分析を行ってくれるため、あらゆるマーケティング施策の改善点を見つけることが可能です。またMicrosoft 365 Copilotはビジネスフレームワークに精通しているため、コンサルタントに相談する要領で自社のビジネスを成長させられるでしょう。第三者目線でアドバイスがもらえることもMicrosoft 365 Copilotの魅力です。

1.3Microsoft 365 Copilotのできること

さまざまな用途に活用できるMicrosoft 365 Copilotですが、世界のビジネスパーソンは下記の用途に活用しているようです。

  • 効率的に資料を作成する
  • 文章の品質を向上させる

順番に見ていきましょう。

①効率的に資料を作成する(PowerPoint)

Microsoft 365 Copilotを組み込んだパワーポイントでは、プレゼンテーションの内容からスライドの作成までをサポートしてくれるとされています。さらにテキストの編集やデザインなどのレイアウトに関しての適切な提案をしてくれるため、高品質な資料を短時間で作成できるでしょう。したがってこれまでの資料作成にかかるリソースを大幅に削減できると考えられます。

②文章の品質を向上させる(Word)

作成した文章に対して、文法やスペル、句読点などの基本的なチェックをMicrosoft 365 Copilotが行ってくれます。文体や語彙、表現などについてもアドバイスをもらえるため、ライティングが苦手なかたでも適切な文章が執筆できるでしょう。ターゲットに合わせた言い回しも実現できるため、ビジネスにおいて有効なライティングも期待できます。

2、パワポ作成におけるCopilotの活用法

ここからは、パワーポイントでMicrosoft 365 Copilotを活用する事例を紹介します。

1.プレゼンテーションの内容を作成

Microsoft 365 Copilotが組み込まれたPowerPointでは、プレゼンテーションの準備から内容までサポートしてもらうことが可能です。テーマに沿った発表内容やプレゼンの構成を考えてくれるため、短時間で必要なものを揃えられるでしょう。Microsoft 365 Copilotが提案してくれた内容は編集できるので、自社らしいクリエイティブに作り変えることもできます。

2.スライドレイアウトの作成

作成するスライドのテーマが決まっている場合、Microsoft 365 Copilotに指示をするだけでアウトラインを作成してくれます。そのため統一された資料を短時間で作成できるようになるでしょう。スライドの要約機能も利用できるとされているため、資料のまとめなども簡単に作れることが期待できます。情報収集もMicrosoft 365 Copilotが行ってくれるため、制作者はコンテンツ作成だけに集中できるでしょう。

3.画像の自動生成

Microsoft 365 Copilotには画像生成AIである【DALL-E】が搭載されています。そのため、資料で使用する画像を探す手間を省くことが可能です。画像の配置やアニメーションにも指示ができるため、高品質なスライド資料を効率的に作成できるでしょう。プロンプトによっては画像の色味やテクスチャも変更できるためより品質の高いスライドを作成できます。つまりMicrosoft 365 Copilotを利用すれば最低限のリソースでプレゼンテーションの準備が整うのです。

3、AIからスライドを作成するならPresentoryがおすすめ

ここまではMicrosoft 365 Copilotについて解説しました。しかし「AI機能を搭載したプレゼンツールって他にもあるのかな?」と悩む方もいらっしゃるでしょう。ここからは、AI機能を搭載している【Presentory】を紹介します。Presentoryは非常にすぐれたツールなので、ぜひ参考にしてください。

無料ダウンロード 公開待ち
safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

3.1AIプレゼンテーションソフトPresentoryとは

Presentoryとは、大手クリエイティブ企業【Wondershare社】が開発したプレゼンテーションソフトです。操作方法が簡単なのにも関わらず高性能な機能を使用できることから、世界各国のビジネスパーソンに利用されています。アップデートも多く最新機能も続々と追加されるため、Presentoryを活用すれば最先端のテクノロジーに触れられることも期待できるでしょう。

3.2Presentoryでできること

ここからは、Presentoryに搭載されている魅力的な機能を紹介します。

①AIからスライドのコンテンツとアウトラインを生成する

PresentoryのAI生成機能

PresentoryのAI機能では、スライドに記載するコンテンツの内容や、プレゼンテーションのアウトラインを作成することが可能です。出力されたアウトラインをもとにスライド資料を自動で作成してくれるため、短時間で高品質な資料を作成できます。資料作成の作業をより効率化したい方は、ぜひ活用してみてください。

無料ダウンロード 公開待ち
safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

②テンプレート使用と自由な編集

Presentoryのテンプレート

おしゃれなテンプレートが多数搭載されていることも、Presentoryの大きな魅力です。スタンプや注釈なども手軽に使用できるため、視聴者を魅了するスライド資料を誰でも作成できるでしょう。他のツールで難しいアニメーション設定を簡単にできることも、Presentoryを利用するメリットの一つです。

③オンライン発表と動画として保存

Presentoryでオンライン発表と録画

Presentoryを活用すれば、オンライン配信ツールの画面共有機能を使用せずともプレゼンテーションを行なえます。発表者ノート機能も活用できるため、話す内容を忘れる心配もありません。さらに録画機能も搭載しているため、プレゼン動画の作成や自身の発表の見直しなどにも活用できます。自分のスキルアップツールとしても使えることは、Presentoryの大きな魅力といえるでしょう。

4、Microsoft 365 Copilotに関する質問

最後に、Microsoft 365 Copilotに関するよくある質問を紹介します。

質問1:Microsoft 365 Copilotはいつから利用できる?

Microsoft 365 Copilotは、2023年9月26日からWindows11の無償アップデートとともにリリースされています。また一部の企業には2023年11月1日から機能を提供すると発表されています。個人で使用したい方は、Microsoftの発表を待ちましょう。

質問2:Microsoft 365 Copilotの料金は

Microsoft 365 Copilotの料金は、月額30$とされています。しかし日本での正式な価格はまだ発表されていません。

まとめ:Microsoft 365 Copilotでパワポ資料を効率的につくろう!

Microsoft 365 Copilotは、多くのビジネスパーソンから注目されているツールの一つです。一般向けの正式なリリース日は未定なので、Microsoftの最新ニュースは常にチェックしておきましょう。

もしAI機能をいち早く体験したい方には、Presentoryをおすすめします。全ての機能を簡単に利用できるため、PCの操作が苦手な方でも安心して利用できるでしょう。Presentory は無料でダウンロードできるので、最先端のAI機能を体験したい方は、ぜひ無料インストールをしてみてください。

無料ダウンロード 公開待ち
safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし
Presentory
Presentory Oct 28, 23
Share article: