「プレゼンテーションでいつも緊張してしまう...コツとかはないのかな?」

このような悩みにお答えします。プレゼンテーションで発表する際に緊張してしまい、うまく発表できない方は少なくありません。しかし、内容によっては非常に重要なプレゼンを任せられることもあるでしょう。したがって、プレゼンテーションでの話し方のコツは理解しておきましょう。

今回は、プレゼンテーションに必要な準備や話すコツなどについて解説します。記事の後半では便利なツールを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目次
  1. プレゼンテーション発表前の準備
  2. プレゼンテーション中の話し方のコツ6選!
  3. オンラインでプレゼンテーション発表をやるならPresentoryがお勧め!
  4. プレゼンテーション発表を行う際のポイント
  5. まとめ:会話のコツを活用してプレゼンテーションで成功しよう!

1.プレゼンテーション発表前の準備

まずは、プレゼンテーション発表に必要な準備を確認しておきましょう。プレゼンテーションに必要な準備は、以下の通りです。

  • プレゼン資料を用意する
  • 発表者メモを作成する
  • 必要な機材を用意する

ステップ1:プレゼン資料を用意する

プレゼンテーションの本番までには、完成度の高いスライド資料を用意しましょう。完成度の高い資料は話す内容を明確にしてくれるため、聞き手の理解を助けてくれます。

例えば、グラフや図を使って視覚的に伝えると、言葉だけよりも強く印象に残ります。ただし、情報を入れ込みすぎると返って見にくい資料になるので注意してください。

ステップ2:発表者メモを作成する

発表者メモとは、プレゼン発表者が話す内容などをまとめたメモを意味します。発表者メモに大切なポイントや話す内容を簡潔にまとめておくと、緊張しても内容を忘れず、安心して話をすることが可能です。本番で緊張してしまう方は、発表者メモを忘れずに準備しておきましょう。

ステップ3:必要な機材を用意する

プレゼンテーションでは、ポインターやマイクなど、さまざまな機材が非通用です。オフラインのプレゼンテーションを行う場合は、プロジェクターやSDカードなども必要になるでしょう。機材を忘れてしまうと、プレゼンテーションの質はグッと下がってしまいます。本番の前日に必要な機材を確認して、しっかりと準備しておきましょう。

2.プレゼンテーション中の話し方のコツ6選!

ここからは、プレゼンテーション中の話し方のコツを見ていきましょう。魅力的な話し方でプレゼンを行いたい方は、以下のコツを意識してください。

  • 結論を最初に伝える
  • 無駄な言葉を省く
  • 伝える内容を明確にする
  • 専門用語を極力避ける
  • 自分のペースで話す
  • 聞き手に参加してもらう

順番に見ていきましょう。

コツ1:結論を最初に伝える

プレゼンテーションで発表する際は、結論を最初に伝えましょう。なぜなら、結論を最初につたえることで、「このプレゼンは何を伝えいのか?」という聞き手の疑問を解消できるからです。具体的には「本日は、〇〇についてお伝えします」と伝えると、聞き手は興味を抱いてくれるでしょう。

自己紹介や自社の情報などを長く話してしまうと聞き手は飽きてしまうので、プレゼンテーションを行う際は結論から伝えることをおすすめします。

コツ2:無駄な言葉を省く

プレゼンテーションの話し方のコツとして、無駄な言葉を省くことが挙げられます。具体的には、「えーと」や「あの」などの言葉などです。無駄な言葉が多くなると内容が冗長になり、聞き手の集中力が散漫する可能性があります。

クセで使ってしまう方も見られますが、本番では意識をして、無駄な言葉は極力減らしましょう。

コツ3:伝える内容を明確にする

伝える内容を明確にすることで、プレゼンテーションの質はグッと高くなります。理由は、プレゼンテーションの内容を聞き手が理解しやすくなるからです。したがって、プレゼンテーションで伝えたい内容を発表者が正しく理解しておく必要があります。

話の内容が脱線してしまうと「これってなんの話だっけ?」と聞き手が疑問を抱く可能性があります。プレゼンテーションでは、伝えたい内容をゴールとして明確にし、脱線しないように会話を行いましょう。

コツ4:専門用語を極力避ける

業界の専門用語などは、極力避けることをおすすめします。なぜなら、参加者の方々が専門用語を理解しているとは限らないからです。そのため、難しい専門用語は極力避け、一般的な言葉を用いて話すことをおすすめします。

ただし、業界の専門家の前でプレゼンテーションを行う場合は、ある程度の専門用語は使用するべきでしょう。したがって、プレゼンテーションで使用する言葉は聞き手のレベルに合わせることが重要です。

コツ5:自分のペースで話す

自分のペースで話すことも、上手に話す大切なポイントです。本番中に緊張してしまうと話すスピードが速くなり、聞き手に不快感を与える可能性があります。したがって、「ちょっと緊張しているかも...」と感じたら、話のスピードを落としてみるとよいでしょう。

コツ6:聞き手に参加してもらう

プレゼンテーションで発表する際は、聞き手にも発表に参加してもらいましょう。具体的には、聞き手に質問を投げかけたり、意見を求めたりすることが挙げられます。

発表に参加できるプレゼンテーションでは「自分はこんな質問をしてみたい!」と考え、発表者の言葉に耳を傾けてくれるでしょう。プレゼンテーションで発表を行う際は、聞き手が参加できるプレゼンも意識してください。

3.オンラインでプレゼンテーション発表をやるならPresentoryがお勧め!

オンラインでプレゼンテーションを行う場合、「なにか便利なツールはないかな?」と悩む方も多いでしょう。そのような方には、【Presentory】というプレゼンテーションツールをおすすめします。Presentoryは非常に便利なツールなので、ぜひ参考にしてください。

無料ダウンロード 公開待ち
safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

3.1プレゼンテーションツールPresentoryとは

cloud computing presentation topic

Presentoryは、大手クリエイティブ企業【Wondershare社】が開発したプレゼンテーションツールです。全ての機能を直感的に使用できるため、PCの操作が苦手な方でも簡単に使用できるでしょう。

さらに、Presentoryはオンライン配信だけではなく、資料作成にも対応しています。AI活用した資料作成機能も搭載しているので、短時間で質の高い資料を作れるでしょう。手軽に使用できる高品質なツールを使いたい方は、ぜひPresentoryを活用してください。

3.2Presentoryがおすすめの理由

Presentoryがおすすめの理由は、以下の通りです。

  • パワーポイント資料の再編集が可能
  • テレプロンプターを作成できる
  • 録画機能を搭載

順番にみていきましょう。

-パワーポイント資料の再編集が可能

Presentoryは、パワーポイントの資料のインポートに対応しています。パワーポイントの資料をインポートできるツールは多くありますが、資料の編集までできるツールはあまり見られません。Presentoryにはユニークな素材が用意されているので、パワーポイントで作成した資料に一工夫加えたい方には、Presentoryをおすすめします。

-テレプロンプターを作成できる

presentoryのテレプロンプター

テレプロンプターを作成できることも、Presentoryの大きな魅力です。Presentoryのテレプロンプターは、発表者の画面だけにメモ画面が表示されます。そのため、テレプロンプターを使っていることが聞き手にバレる心配はありません。オンラインでプレゼンテーションを行う場合は、Presentoryのテレプロンプターを利用して、失敗のないプレゼンテーションを行ってください。

無料ダウンロード 公開待ち
safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

-録画機能を搭載

presentoryの録画機能

Presentoryには、録画機能が搭載されています。録画した発表映像を確認すれば、自分の不足点が明確になり、次回のプレゼンテーションに活かすことが可能です。別の機材やソフトなどを使って録画する手間が省けるので、一石二鳥といえるでしょう。プレゼンテーションの質を高めたい方は、Presentoryの録画機能を活用して、少しずつ成長していきましょう。

4.プレゼンテーション発表を行う際のポイント

最後に、プレゼンテーションで発表を行う際のポイントを見ていきましょう。以下のポイントを意識して、プレゼンテーションの質を高めてください。

  • 聞き手の表情を意識する
  • 体の動作も使用する
  • 聞き手の立場を理解する

ポイント1:聞き手の表情を意識する

プレゼンテーションで発表を行う際は、聞き手の表情を意識しましょう。なぜなら、自分が話している内容が聞き手に伝わっているか理解できるからです。聞き手の反応が悪い場合と感じた場合、話す内容に変更を加えたり、聞き手に質問をしたりして、プレゼンテーションの軌道修正ができます。

ポイント2:体の動作も使用する

ただ話すよりも、身振りや手振りを加える方が、聞き手は発表者に注目します。理由は、人は動くものに視線を集中してしまうからです。また、動きを加えることで発表者の熱量も高くなり、プレゼンテーションの内容を相手に伝えやすくなります。

ポイント3:聞き手の立場を理解する

プレゼンテーションは、発表者が好きな内容を話す場ではありません。というのも、自社の魅力だけを説明してしまうプレゼンテーションは意外と多くみられます。プレゼンテーションの内容を理解してアクションを起こすのは聞き手なので、必ず相手の立場を理解しましょう。

まとめ:会話のコツを活用してプレゼンテーションで成功しよう!

プレゼンテーションでの会話のコツは多数あります。しかし、もっとも大切なことは、聞き手の感情を理解して話すことです。自社の魅力だけを話す発表にならないよう注意しましょう。

なお、オンラインでのプレゼンテーションをする方には、Presentoryをおすすめします。発表者メモを作成できるうえ、オンライン配信にも対応しています。資料も作成できるので、別ツールで作成した資料をインポートする手間も必要ありません。

Presentoryは無料でダウンロードできるので、高品質なツールを使用したい方は、ぜひPresentoryを活用してください。

無料ダウンロード 公開待ち
safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし
Presentory
Presentory Sep 28, 23
Share article: